熊本の植木・ガーデニング・エクステリア・造園・新築外構のgranks

花や実も楽しめる常緑ヤマボウシ

 

白クリーム色の花が美しくシンボルツリーとしてもよく見かけるヤマボウシの木。

その中でも一年中葉をつけている常緑タイプのヤマボウシがあるのをご存知でしょうか?

そんな常緑ヤマボウシの魅力について紹介したいと思います。

常緑ヤマボウシと呼ばれるものには大きく分けて2つの品種があります。

それは、常緑ヤマボウシヒマラヤとホンコンエンシスです。ホンコンエンシス種は品種改良され、さまざまな品種が出回っています。

そして常緑ヤマボウシの魅力はなんといっても樹を覆うように花が咲き、開花期間も1ヶ月程度と長いところです。

常緑樹ですが、秋には紅葉し赤く丸い果実が熟し、冬も葉を完全に落とすことがないので一年中観賞できシンボルツリーとしてとても人気のある樹木です。

そこで、常緑ヤマボウシヒマラヤとホンコンエンシスの中で人気の品種の特徴をいくつか紹介したいと思います。

 

常緑ヤマボウシヒマラヤ

常緑ヤマボウシヒマラヤはホンコンエンシスより花は黄色がかっていて葉が細いのが特徴です。

果実も大型で紅葉がとてもきれいです。

ホンコンエンシス種

 

<常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス月光>

ヤマボウシの品種の中でも最も花付きが良く花のサイズも大きいので開花時期の華やかさはとても魅力的です。

花が多い分、実もたくさん残り花の後もかわいい姿を魅せてくれます。

 

<常緑ヤマボウシ メラノトリカ>

別名「ガビザンヤマボウシ」とも言われ、葉に光沢があり、常緑ヤマボウシの中でも一番葉が落ちにくい品種です。

ホンコンエンシスの中でも一回り小さな花を咲かせるのが特徴です。

 

<常緑ヤマボウシ レッドムーン>

ホンコンエンシス月光から選抜された品種でこれまでにないピンク色の花を咲かせます。

花付きもよく、冬には赤紫色に紅葉します。

 

常緑ヤマボウシの花

常緑ヤマボウシの開花時期は5月~6月で白クリーム色、淡黄色、薄ピンクなどの花が咲き、花はハナミズキによく似ています。

花びらは総苞片(そうほうへん)と呼ばれる蕾を包んでいた葉のことをいいます。

花びらが4枚ついていてとても可愛らしいです。

 

常緑ヤマボウシの実

常緑ヤマボウシの実は食用にもなります。

9月頃に果実を実らせる常緑ヤマボウシ。皮は赤色で果肉は黄色をしています。

熟すと地面に落下し、そのまま皮をむいて食べられます。味はマンゴーやアケビに似ているそうですが、ぶつぶつした見た目から食べることに少し勇気がいるようです(^_^;)

 

常緑ヤマボウシは木の美しさはもちろん、花や実も楽しめる樹木です。

これから寒くなるにつれてたくさんの木が落葉する季節です。そんな中に常緑ヤマボウシを植え、冬も緑を楽しめるお庭にしてみませんか?

外構工事・エクステリアデザイン・ガーデン施工 granks
〒861-4616 熊本県上益城郡郡甲佐町大字田口3881-5-10

電話:096-285-4571  Open: 9:00~18:00

定休日:毎週水曜日

小予算でのエクステリア・新築などの外構工事・ガーデニング・植栽工事のご相談もお気軽にご連絡ください。

トップへ戻る