熊本の植木・ガーデニング・エクステリア・造園・新築外構のgranks

父の日に贈る!-お花を贈るとしたら何をおくる?

5月は母の日がありました。
6月は、、、父の日ですね!最近ではこの日もちゃんとクローズアップされるようになりましたね^^
ひと昔前は存在価値を日陰に追いやられているような印象でした(笑)

6月第3日曜日。
日本では父の日には黄色いバラを贈るというのがイメージ定着としてあるかもしれないですね。

なぜ、黄色いバラなのか?その由来など少し見てみましょう!

父の日に黄色いバラなのは?

「父の日にバラ」というのはアメリカのドット夫人という人のエピソードが由来とされています。
彼女の父親が男手ひとつで6人の子どもを育てあげてくれたことへの感謝の礼拝がきっかけとなっています。

墓前に供えたのが白いバラだったことから、亡くなられた父親には白いバラ
存命中の父親には赤いバラ、という風習が慣習化していきました。

ではなぜ日本は黄色いバラなのか?
日本ファーザーズデイ委員会が開催している「父の日黄色いリボンキャンペーン」というものがあります。
家族の愛情や尊敬を表す黄色をイメージカラーとし、これと父の日にはバラを贈るという風習が一緒になったためです。

定番の黄色いバラ

前述のようなことから、定番化しているのは「黄色いバラ」
特に黄色いばらの花言葉としては「献身」「可憐」「友情」などといった意味合いがあります。
バラ全般には「愛」「美しさ」という花言葉があり、
白いバラにも「尊敬」ということがありますので、天国のお父さんへは白いバラを贈り
元気で働いてくれているお父さんには、他の花や色と一緒にするといいです^^

親しみやすくて素朴なヒマワリ

黄色い花と言えば、の「ヒマワリ」
時季的にも旬を迎えるヒマワリ。夏の花で明るく元気な印象を与えますし
素朴で力強く親しみやすい花なので大黒柱のお父さんにピッタリかもしれませんね。

「憧れ」「敬慕」という花言葉ですのでお父さんへのプレゼントには最適ですね^^
広い畑でお菊元気に育っているイメージですが、
今は鉢植えで育てられる小柄な品種もありますし、花瓶に入れて書斎や窓辺に飾るのも雰囲気出ますよね。

その他(ガーベラ、ユリ)

明るく可愛らしく元気なイメージの「ガーベラ」
こちらも父の日に贈る花として高い人気があります。「前進」「希望」といった花言葉があるので
贈るにもふさわしいお花ですね。
種類や価格帯も豊富ですので、たくさんのバリエーションが考えられます。

「ユリ」も高級感が出ますし、チョイスされる方は結構います。
カサブランカという品種が一般的に想像されると思いますが、「スカシユリ」という小ぶりな品種がございます。
スカシユリは比較的香りも控えめですし、「親想い」といった花言葉がありますので
父の日に贈るに丁度良いですね。

日頃の感謝と家族の絆をお花と共に深める日、コミュニケーションにご活用ください!

 

外構工事・エクステリアデザイン・ガーデン施工 granks
〒861-4616 熊本県上益城郡郡甲佐町大字田口3881-5-10

電話:096-285-4571  Open: 9:00~18:00

定休日:毎週水曜日

小予算でのエクステリア・新築などの外構工事・ガーデニング・植栽工事のご相談もお気軽にご連絡ください。

トップへ戻る