熊本の植木・ガーデニング・エクステリア・造園・新築外構のgranks

熊本 エクステリア 新築外構

お庭を有効活用するためのウッドデッキとタイルデッキ

お庭を有効に利用するために多くの方が【外構工事】をしますよね。

駐車スペースなど暮らしに必須な部分もありますが、

暮らしを豊かにしてくれ、よりお庭を有効活用できる『デッキ』

夏は友達を呼んでBBQも楽しんだり、子ども達のプール遊びのスペースにもなります。

涼しくなると子ども達は外でおもいっきり遊べますし、

大人も静かな夜にお酒を飲んだり、静かな時間を過ごすスペースにも最適です。

デッキスペースがあると暮らしがより豊かに、楽しくなります。

そんなデッキスペースですが、代表的には2つの施工方法があります。

 

~ウッドデッキの特徴~

ウッドデッキも人工木材と天然木材に分かれます。

 

∴人工木材のウッドデッキ∴


廃材の木粉50%にポリエチレン・ポリプロピレンといった樹脂を50%で混ぜ合わせ

熱で型押しした中が中空の人工的に作られた木材を使用したウッドデッキのことです。

 

人工木材ウッドデッキのメリット

人工木材ウッドデッキの最大のメリットは、耐久性の高さです。

耐久性が高いという特性は、メンテナンス性に優れていることにも繋がります。

日々のメンテナンスは、泥や埃といった汚れを取り除く簡単な清掃で済むことも、

人工木材ウッドデッキの大きなメリットです。

また、窓からウッドデッキに出る部分を段差が無いフラットに施工する事が可能です。

段差を無くすことによってLDKが外まで続くような雰囲気になり、リビングを広く見せることが出来ます。

 

人工木材ウッドデッキのデメリット

人工木は、木粉に樹脂やプラスチックといった素材を混ぜて作っている人工物です。

そのため、木材本来が持つ温もりや質感、風合いや香りは天然木には敵いません。

自然の中に違和感なく溶け込むナチュラルな質感や、本物の木材の良さを楽しみたい人は、

天然木のウッドデッキを求める方が良いでしょう。

また、デッキを直射日光が当たる場所に設置している場合には、

素足で歩けないほどに熱くなってしまう点に注意が必要です。

メンテナンス性に優れてはいますが油断しているとカビが生える場合があります。

カビの発生を防ぐためには、常に湿っている状態の場所を定期的に清掃することが必要です。

 

 

 

∴天然木材のウッドデッキ∴


文字通りいわゆるハードウッドと呼ばれる、高級な部類のイペ、ウリン、ジャラ等や

お値打ちな杉材等天然の木材を使用したウッドデッキのことです。

 

天然木材ウッドデッキのメリット

天然の木材のウッドデッキは本物の木にしか出せない味のある優しい印象を与えてくれます。

夏場は人工木材ですと表面温度が非常に高くなりますが、天然木材は温度が上がりにくく下がりにくいため、

樹脂の木材に比べると表面温度が上がりにくく暑い日でも過ごしやすいです。

 

天然木材ウッドデッキのデメリット

天然木材のウッドデッキは傷がつくとささくれになり怪我の原因にもなります。

また、天然木材もウッドデッキは湿気を吸収し、反りや伸び縮みをします。

特に日本は湿度が高い国ですから、湿度が低いカナダやオーストラリアのウッドデッキと

同じようなメンテナンス方法ではすぐに湾曲したりや反ってしまいます。

湿気の吸収を防ぐため、最低でも1年に1回は防腐処理をしなければなりません。

これを怠ると10年も持たずに腐ってしまいます。

また、シロアリの発生にも要注意です。

 

 

 

~タイルデッキの特徴~

タイルデッキとはタイルで作られたフラットなスペースのことです。

タイルデッキの工事はセメントで出来た土台の上に接着剤を塗り、タイルを敷き詰める方法で作られます。

ウッドデッキより工事費、材料費がかかりますが、

タイルデッキは耐久性の高さとデザイン性で人気が高いです。

タイルデッキのメリット

タイルデッキはメンテナンスがとても楽です。

汚れが気になった場合、タイルデッキに水をかけるだけで綺麗になります。

万が一、油汚れなどが付着してしまっても、耐久力も高いため、水や洗剤とデッキブラシを使ってゴシゴシこすっても問題なし。

耐久性が高く、タイルデッキはメンテナンスに手をかける必要がありません。

タイルですので火気に強くBBQや花火なども気軽に楽しめます。

また、タイルデッキは豊富な品揃えも魅力の一つです。

好きな色のタイルを組み合わせて貼ることもできます。自分の思い通りのエクステリアが実現できるでしょう。

 

タイルデッキのデメリット

タイルデッキは夏の照り返しが強く、高温になりやすいのでカーテンを閉めてない場合

部屋まで暑くなってしまうのがデメリットです。

また、基本的にタイルデッキはウッドデッキのように

リビングからフラットに施工出来ず多少の段差ができてしまいます。

(※別途工事を追加すればフラットも可能)

 

 

デッキもたくさん種類があって迷いますよね。

ご家族の生活スタイルに合ったデッキを見つけられると良いですね(^^)

 

外構工事・エクステリアデザイン・ガーデン施工 granks
〒861-4616 熊本県上益城郡郡甲佐町大字田口3881-5

電話:096-285-4571  Open: 9:00~18:00

定休日:毎週水曜日

小予算でのエクステリア・新築などの外構工事・ガーデニング・植栽工事のご相談もお気軽にご連絡ください。

トップへ戻る